風俗の体験談を聞いて、実際に風俗へ行ってみるとビックリしました!・・・えっ?風俗ってこんなにも煌びやかだったの!?

時間を大切にしたくてショートの風俗へ

私はカップラーメンが好きで、時間にストイックな男性です。風俗もストイックで無いといけないと思い、ラブホテル街に行き、ショートタイムのヘルスに入りました。一般には箱ヘルと呼ばれるこのサービスは、短時間で私を絶頂に導きました。女の子って、男性の気持ちいいところを抑えているんだなーと、そう思いました。風俗の女性はショートへの対応も手慣れていると伺っていましたが、彼女の場合は、ちょっと違いました。少なくとも、彼女はロングで男性を喜ばせることが得意なそぶりでした。もちろん、プレイ内容は心地よいものでした。ヘルスでは、基本的なサービスが中心でした。もっとも、女性としては、全力でサービスするのが当たり前のようでしたので、ありがたかったです。ショートタイムの風俗って、通常よりサービス内容が簡略化されていますよね。でも、私はあっさりとした風俗が好みですので、こちらの方が楽しめます。ぶっちゃけ、早漏の男性には、こちらの方が良いと思いますよ。

現実逃避のため風俗へ逃げ込んだ話

頭の中が真っ白になり、どうしたらいいのか分からず、風俗を頼みました。デリヘルというサービスが人気だとネットで知り、自宅に風俗嬢を呼びました。仕事のストレスとか家庭の不和とか、色々あったんですね。その時。そんなこんなで、デリヘルに申し込みました。私が彼女とお会いして一番印象に残ったのは、彼女の声のトーンです。トーンが良い女性は、それだけでも気持ちがいいものです。なるべくしてなったと言えば聞こえはいいですが、彼女との出会いは半ば必然でした。手つきが滑らかで、腰つきも淫乱、きっと経験豊富なんだなーと思いながら、サービスを受けていました。彼女の熟達したテクニックは、私を写生へ導くのに十分でした。現実って、常に自分の前にあるから恐ろしいですよね。風俗で過ごした一時のお陰で、少し前向きになれました。ちなみに、女性の舌舐めは、とっても気持ち良かったです。ちなみに、乳首を転がされた時、体が震えました。アレは最高です。

女が恋しくて風俗を利用した件

大学時代、一人でアパートにこもっていて、人生について考えました。すると、風俗嬢の顔が思い出されて、ピンクサロンに行きたくなりました。お金はあまりなかったので、ご新規様割引キャンペーンを利用しました。ピンサロにした理由は、一番安く済ませられそうだったからです。女性のプロポーションは、モデルのようでした、当時は、それが当たり前だと思っていましたが、今思い返すと、かなりラッキーな体験でした。日本中どこにでも風俗店はありますが、私の心を癒してくれる女性は、彼女だけだと思いました。彼女が本気になって風俗のテクニックを披露してくれたかは分かりませんが、若い男子の心をもみほぐすその振る舞いは、あっという間の昇天を招きました。生きてて良かったなーと思います。彼女との思い出は、大学を卒業してからも実感します。風俗の女性はあくまでも商売で性接待をしますが、彼女とは本気の恋愛が出来ます。年を取っても女性が恋しくなるのが、男の性というべきでしょうか。何だか恐ろしい話です。

男の本能で風俗へ突入した話

会社のOLに発奮してしまい、性欲の解消が急務だと思い、手コキ専門のイメクラに入りました。女性のハンドテクニックは、子どもをあやすように丁寧で、私は風俗嬢の愛情に満たされていく思いでした。イメクラでは、胸の大きな女性が、写真にてそのプロポーションを強調していました。敵は本能寺にありとは言いますが、いざというときの男の高ぶりは、女性には分からないものがあります。獣の本能を解き放ち、非日常へとダイブする瞬間、私はすべてを忘れてしまいます。風俗嬢には、そのサポートをしてもらいたいです。彼女にも、きちんとイメージに沿った演技をお願いしました。基本に則った演技だからこそ、私の息子は興奮するのです。女性の体を見てオナるのは、とても快感でした。彼女の体にかけてフィニッシュです。風俗帰りの今となっては、あの頃の思い出を思い出すたびに、あそこが縮こまります。男として、人生に活力を持たせることが、何よりも大切だと心から痛感しました。風俗は、シラフの時に入るべきでしょう。

新境地を切り開くため、風俗を利用

私は、とある大学で講師をしています。研究のアイディアに行き詰まり、何か突破口を開きたいと思い、風俗を利用しました。若いころから女性と触れ合うチャンスが少なく、とても楽しみにしていました。私が利用したのはイメクラです。ここで、着物を着た女性と出会いたいと思い、店員さんに嬢の依頼をしました。風俗嬢の印象は、とても滑稽なものでした。なにせ、道端を歩いているような若い女性が、裸の格好をして私にサービスを始めたのですから。江戸のおいらんのように、細々とした印象を持っていた私は、思わず笑ってしまいました。でも、これもまた悪くはないと思いました。なぜなら、和服の女性が私に奉仕をするという状況が、とてもムラムラするものだったからです。日ごろ溜まっていたアイディアが吹き出るように流れ出し、私の脳内を充満させました。風俗嬢の女性はちょっと驚かれていたみたいでしたが、あまり気にも留めず、お店を出ました。イメクラも、悪くはないと思います。